キャリねっとHTLV-1 キャリア登録サイト

ニュース

世界HTLVデー プログラムのお知らせ

9月27日付ニュースでお知らせしました世界HTLVデー記念講演会のプログラム詳細が決定しましたのでお知らせいたします。

今年のテーマは、「研究への患者・市民参画」、英語では Patient and Public Involvement と言われ、PPIなどと略されます。様々な病気の研究、診療ガイドラインの策定などに患者さんや一般市民が参加するという取り組みです。
キャリねっともある意味で患者(キャリアであるということは病気ではありません、あくまで健康人ですので、ちょっと語弊がありますが)市民参加の一つの例で、本講演会でもキャリねっとも取り上げられます。

現地参加だけではなくオンライン参加も可能で、オンライン参加の受付は現在準備中とのことです。
関心のある皆さんは是非ご参加ください。

※最後の文章「関心のある皆さんは全日ご参加ください。」の記述が誤っておりましたため、「関心のある皆さんは是非ご参加ください。」と修正しました。(2023/10/17 17:00)
全日参加の必要はございませんので、奮ってご参加ください。

世界HTLVデーのお知らせ

例年日本HTLV-1学会学術集会の会期に合わせて開催されている世界HTLVデー記念講演会が今年も開催されます。

今年は日本HTLV-1学会学術集会は京都で開催されます。

こちらの企画は学会参加者のみではなく、一般の方も無料でご参加になれますので、関心のある方は奮ってご参加ください。

期日:2023年11月12日(日曜日)14:05~15:35
会場:京都テルサ

詳細は日本HTLV-1学会第9回学術集会ホームページ http://htlv.umin.jp/2023/ をご覧ください。

コラム第105回が掲載されました

コラム第105回が掲載されました。伊藤 歩(国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植科 医長)アグレッシブATLを対象としたレジストリ・バイオレポジトリ研究のご紹介

コラム第104回が掲載されました

コラム第104回が掲載されました。長谷川 ゆり(長崎大学医歯薬学総合研究科 産科婦人科学分野 准教授)産婦人科診療ガイドライン産科編2023とHTLV-1母子感染予防

第9回日本HTLV-1学会開催のお知らせ

下記の通り第9回日本HTLV-1学会学術集会が開催されます。
プログラムの詳細は未定です。関心のある方は下記URLよりHPをご参照ください。

第9回日本HTLV-1学会学術集会

日 時:令和5年11月10日(金)〜11月12日(日)

場 所:京都テルサ

学術集会会長:高折 晃史 京都大学大学院医学系研究科内科学講座 血液・腫瘍内科学 教授

学会HP:http://htlv.umin.jp/2023/index.html

トップへ