キャリねっとHTLV-1 キャリア登録サイト

コラム

次回予告

次回第71回コラムは東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻 病態医療科学分野 教授/東京大学医科学研究所連携教授/東京大学大学院医学系研究科兼担教授 内丸 薫 先生です。
コラムは「キャリねっとアンケートの集計結果について」として7月上旬の掲載予定です。どうぞお楽しみに。

第6回 末岡 榮三朗 佐賀大学 臨床検査医学 教授

声を届けてください。  佐賀大学病院HTLV-1専門外来を担当しています、末岡です。医者になって約30年間、多くの成人T細胞リンパ腫・白血病の患者さんやHTLV-1キャリアの方々を診させてもらって、HTLV-1感染症の方々のことはわかっている気持になっていました。ところが、私が見聞きしてきたことは、その方々の悩みや思いの一部であることに気づかされています。  佐賀大学病院HTLV-1専門外来は、2…

続きを読む

第5回 岩永 正子 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科フロンティア生命科学分野 教授

「リスクファクターと発症予防」について HTLV-1キャリアの方々は、今後ご自分がATLやHAMになるかもしれないというご心配をかかえておられることと思います。日本では、HTLV-1キャリアからATLの生涯発症率は約5% 程度(キャリア1,000人中50人)、HAMの生涯発症率は約0.3% 程度(キャリア1000人中3人)と推定されており、どちらも発症率はさほど高くないのですが、一旦発症してしまう…

続きを読む

第4回 渡邉 俊樹 東京大学大学院新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 教授

「HTLV-1感染者登録?」  HTLV-1感染は、白血病・リンパ腫であるATL、慢性の神経疾患HAM、さらに再発性の目の炎症であるHTLV-1ぶどう膜炎など、幾つもの異なった病気の原因となっております。私たちは、広い意味での慢性ウイルス感染症として包括的に捉えて、感染の予防、疾患発症の予防として治療法の開発に向けて研究を続けてまいりました。このような視点から見直しますと、この領域では幾つもの基本…

続きを読む

第3回 山野 嘉久 聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 病因・病態解析部門 部門長/准教授

“ハム”という病気のこと HAMという病気をご存知でしょうか。 この病気はHTLV-1関連脊髄症という病気の略称で「ハム」と呼ばれています。日本におけるHAM患者は約3000人といわれていますので、おそらく、ほとんどの方がご存じないと思います。HAMはHTLV-1というウイルスが原因で起きる脊髄の病気です。脊髄とは、背骨の中を通る太い神経のことで、手足や体を動かしたり、汗をかいたり、排尿や排便の調…

続きを読む

第2回 内丸 薫 東京大学医科学研究所附属病院 血液腫瘍内科 准教授

「母乳をあげるということ」  私ども東大医科学研究所附属病院では毎週2回HTLV-1キャリア専門外来を開設しています。そのうち1回は初診枠で、ここを受診される方のうち多くの方は、HTLV-1キャリアとわかったことで不安に感じていることや疑問などを持っておられる方を対象として、それに対する相談窓口の様な対応をしています。医科研にキャリア外来が設置されて10年になり、これまでたくさんのHTLV-1キャ…

続きを読む

14 / 15« 先頭...1112131415

トップへ