キャリねっとHTLV-1 キャリア登録サイト

コラム

次回予告

第65回コラムは長崎大学病態解析・診断学 准教授 長谷川寛雄 先生です。
11月下旬の配信予定です。どうぞお楽しみに。

第20回 今泉 芳孝 長崎大学病院 血液内科 講師

ATLの治療について  皆さんこんにちは。長崎大学病院血液内科の今泉と申します。  HTLV-1に関連して発症する病気がいくつか知られていますが、血液内科では、その一つである成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)の患者さんの診療を主に担当させて頂きます。ATLの治療については、塚崎先生のコラム(第15回)にも記載されている通りですが、これまで、抗がん剤治療の強化や同種造血幹細胞移植の導入により治療成…

続きを読む

第19回 野坂 生郷 国立国際医療研究センター臨床研究センター開発医療部 部長

臨床研究について 私は国立国際医療研究センターの野坂と申します。 昨年3月まで、熊本大学医学部附属病院血液内科にて、成人T細胞白血病(ATL)の診療、またHTLV-1キャリアの方の外来も行ってまいりました。現在、国立国際医療研究センターで、臨床研究の推進も含めた業務を行っておりますので、今回は、臨床研究について少しお話をしたいと思います。  臨床研究といいますと文字通り臨床に関わる研究のことでござ…

続きを読む

第18回 石塚 賢治 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院 血液・膠原病内科 教授

キャリア外来雑感  皆さまこんにちは。鹿児島大学の石塚です。  昨年10月まで福岡大学でHTLV-1キャリア外来をやっておりました。そこで感じたことを二つ書きます。  ひとつは、授乳に関することです。授乳しないことを周囲の人にどう説明したらいいか悩んでいると相談を受けることがあります。周囲の人として登場するのは、配偶者の親であったり、職場のお節介おばさんだったりします。「母乳で育てないとだめ!」と…

続きを読む

第17回 宇都宮 與 公益財団法人慈愛会 今村病院分院 院長

ATLとの闘い  成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)は、ヒトT細胞白血病ウイルスI型(HTLV-1)が原因で発症する成熟型T細胞悪性腫瘍であります。ヒトの免疫を調整する重要な役割を担うT細胞(制御性T細胞)の腫瘍化であり、ATLの患者さんは非常に強い免疫機能低下状態に陥ります。その結果、健康なヒトではかからないような感染症(ウイルス、真菌、寄生虫、原虫などの日和見感染症)が多くみられます。また、…

続きを読む

第16回 飛内 賢正 国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長

国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科(http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/clinic/hematology.html)は、造血幹細胞移植科と密接に連携して造血器悪性腫瘍(血液がん)の診断と治療を担当しています。成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)は悪性リンパ腫の特殊型ですが、通常の悪性リンパ腫とは症状、病気の進み方、治療選択などが異なる病気です。 当院は、多種類のがんに対す…

続きを読む

トップへ